ZERO(ゼロ) | スケートボードブランド

ZERO(ゼロ)

ZERO(ゼロ)について

ジェイミー・トーマスといえば過激なライディングを披露する元祖劇ヤバライダー。
そんな、彼が96年に設立したブランドがZERO。デッキデザインは過激なものが多く、ハードコアな匂いがブンブンするものばかり。

ZERO(ゼロ)のデッキのキックやコンケーブ、特徴、所属ライダー、商品Navi

キック・コンケーブ

ZERO(ゼロ)のデッキのキック

★★★★☆

【やや強い】

※ZERO(ゼロ)平均的なデッキのキック形状です(他社比較)。実際はモデルにより多少差があります。

ZERO(ゼロ)のデッキのコンケーブ

★★★★☆

【ややキツい】

※ZERO(ゼロ)平均的なデッキのコンケーブ形状です(他社比較)。実際はモデルにより多少差があります。

ZERO(ゼロ)のデッキの特徴

95年にカリフォルニア州のサンディエゴでJAMIE THOMAS(ジェイミー・トーマス)によって設立された。
常に命がけのトリックに果敢に挑戦する超過激スケート集団。スケート界のトップレベルのメンバーで構成されるZEROチームは常に命がけの技に挑戦する集団。 本国アメリカでもプロショップ支持No.1の今最も勢いのあるブランドのひとつ。キック、コンケーブともに強め。

ZERO(ゼロ)のオフィシャルサイト

ZERO(ゼロ)

ZERO(ゼロ)の所属プロスケーター(ライダー)

  • JAMIE THOMAS(ジェイミー・トーマス)
  • Chris Cole(クリス・コール)
  • JOHN RATTRAY(ジョン・ラットレイ)
  • ELISSA STEAMER(エリッサ・スティーマー)
  • James Brockman(ジェームス・ブロックマン)
  • BEN GILLEY(ベン・ギリー)
  • Tommy Sandoval(トミー・サンドバル)
  • TONY CERVANTES(トニー・セルヴァンテス)
  • Garrett Hill(ガレット・ヒル)
  • KEEGAN SAUDER(キーガン・サウダー)
ZERO(ゼロ)の商品が購入できる通販サイト

楽天市場のZERO商品一覧

アマゾンのZERO商品一覧

その他のスケートボードブランド