スタンス | スケボートリック大全集

スタンス | スケボートリック大全集

テクニックに入るその前に

デッキが手に入ったら早速テクニックに入りたいところだが、その前に必要な準備や知識がある。
まずはチェックしておこう!

テクニックに入る前に必要なスタンス

スタンスを決める

スケートボードデッキ解説や選び方

テクニックに入る前にスタンスを決めよう

デッキに乗る前に重要なのがスタンス。スケートボードでは体の向きによって人それぞれスタンスがある。
レギュラースタンスグーフィースタンスの2種類が存在する。
どちらを選んでもいいが、スケートの最も基本となるものなので、自分に合った滑りやすいほうを選ぼう。
自分のスタンスを「メインスタンス」という。

メインスタンスは「レギュラー」か「グーフィー」。状況によって「フェイキー」、「スウィッチ」がある。

レギュラースタンス

スケートボードデッキ解説や選び方

左足が前になるのがレギュラースタンスだ。
グーフィースタンス

スケートボードデッキ解説や選び方

右足が前になるのがグーフィースタンスだ。
フェイキースタンス
足の位置を変えずに、本来のスタンスのまま逆走するのをフェイキースタンスという。
逆走しながらオーリーをすれば、フェイキーオーリーという感じでトリック名の前につけたりする。スウィッチスタンスと区別しにくいが、足の位置をテールに乗せているかが違いだ。
スウィッチスタンス
本来のスタンスではない、逆のスタンスをとることをスウィッチスタンスという。
メインスタンス(本来のスタンス)ではできるトリックも、スウィッチスタンスになるだけで難易度はとても高くなり、最初はプッシュだけでも手こずるだろう。 しかし、スウィッチスタンスでも乗りこなせれば、流れるようなスケーティングでき見た目もかなりかっこよくなるぞ。

スタンスの決め方

スタンスの決め方は、実際に乗ってみないとわからない。
スノーボードをしたことがあるなら、それと同じことが多いが違う人もいる。
この後解説の「プッシュ」を何回か挑戦すれば、自分にやりやすい方向が判断できるはずだ。

なんで人によってスタンスは違うの?
どうやら、その人の体は成長の過程により、目はどちらかを基準に焦点をとるようになるらしい。
そしてその利き目によって違うみたいだ。手で言う左利き、右利きのようなものだろう。

スケートボードトリック一覧